状況を良い方向に向かわせる魔法

直伝靈氣師範のながよしです。

今日から4月ですね。

ここ数日主人の有休に合わせて私も仕事をお休みにして単身赴任先へ。

兼六園の桜を見に行ったり、なんたりと充電しておりました。(*^^*)

でも超インドア人間なので、やっぱり家に戻ってくると落ち着きます(笑)

 

さて、私が家を離れるという事はばあちゃんをショートに預ける事になるのですが、途中ばあちゃんに何かあれば当然呼び出される事になります。

だから、いつも預けている時はばあちゃんが穏やかに過ごせているかどうか、時々チェックをして「自分の安心」を保ってます。

どうチェックしているかというと、遠隔でばあちゃんの靈氣の流れ具合を確かめるのです。

その反応をみて「私自身がほっとする」ことができたら、それだけで「今という時間」に集中して楽しめる事ができるのでほとんど自己満足のために靈氣を利用しているというわけですね(;^_^A

でもこの「安心している状態」「心配していない状態」が一番良いエネルギーが放たれる時間でもあるので、とても重要なんですよね。

その安心エネルギーは、状況を良い方向に向かわせてくれる魔法のようなものですから💛

先日、お客様が入院中のお母様の状態が悪化しているようで退院が伸びていくのでもう長くないのではないかと心配して「遠隔で母の様子を見て欲しい」とご依頼がありました。

靈氣では寿命がいつなのかという事も分からないし、寿命を延ばしてあげる事もできませんが、今現在の生命力を知る事はできます。

そのお母様はとても激しく靈氣が流れておられました。

つまり「今の状態よりは良くなるよ」ということ。まだまだ生命力がありますよって事でもあるのです(*^^*)

それがいつまで継続するかは分かりませんが、その返答だけで充分ご依頼者さんに安心して頂くことができました(#^.^#)

お母様は現在もまだ入院中ではいらっしゃいますが、悪化する事もなく安定しておられるようですよ。

このようにいくら状況が良くない方向に進んでいたとしても、周りの人の安心エネルギーで、状況を少しであっても良い風に変えてあげる事はできるんです。

とは言っても「安心」するってとても難しい事💦

他のお客様ではありますが、「今孫の事が心配で仕方ない、靈氣をどこに当ててあげたら一番いいのでしょう」と尋ねられました。

はい、そうですね、この場合お孫さんではなく、おばあ様ご自身の胸に当てるのが一番良いいのです。(^^)v

心配しすぎているおばあさんが靈氣によって少しでも心配する時間が減ったならそれだけで離れているお孫さんにもその安心エネルギーは届けられますのでそれがお孫さんに良い影響を及ぼしてくれますからね。

 

人が、「この先どうなるのか考えても分からない事」に対して、「安心」より「不安」を選んでしまうのは何かあった時の心のダメージを最小限に抑えたいという思いがあるからなのかもしれませんね。

でも本当に何かあった時、果たして心に受けるダメージは最小限に抑えられているものでしょうか?

いいえ、きっと大も小も関係なく辛いものは辛いはずですよね!

 

不安を誰よりも長く抱いていていたとしても、ただただ辛い時間が長くなるだけで、その見返りは全く得られない。

反対に、少しの時間であっても安心して見守る事ができたら、その分の見返りはちゃんと返ってくるのが宇宙の法則です!

自分を安心させることに成功すれば、関わる人の状況を良い風に変えてあげれることも可能になる💛

難しいかもしれませんが、その成功を手助けしてくれるアイテム、「靈氣」もありますから、どんどん活用して展開をより良いものに変えていってもらえたらなって思ってます。

4月もどうぞよろしくお願いいたします。!(^^)!

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

“状況を良い方向に向かわせる魔法” への16件の返信

  1. ピンバック: Reba Fleurantin
  2. ピンバック: Cory Chase MILF City
  3. ピンバック: Madelyn Monroe Masturbating
  4. ピンバック: premium-domains-list
  5. ピンバック: Homework help online
  6. ピンバック: Business Report Writing Help
  7. ピンバック: valentine pillow
  8. ピンバック: Click Here
  9. ピンバック: Click Here
  10. ピンバック: Click Here
  11. ピンバック: Click Here
  12. ピンバック: Click Here
  13. ピンバック: Click Here
  14. ピンバック: Click Here
  15. ピンバック: Click Here
  16. ピンバック: Click Here

コメントは受け付けていません。