セミナー日記・ネガティブエネルギーの逆流を避けるには

直伝靈氣師範のながよしです。

先日靈氣の前期セミナーを行いました。

受講者さんは、靈氣療法士でもあるお客様のご友人。

ご友人の家で靈氣の修了証を目にされ「靈氣」という文字が目に飛び込ん出来た瞬間、「何か分からないけど自分に必要なもの」と直感で感じられ、先週早速ヒーリングを受けに来て下さったのです。

そしてその日のうちに修得をご決断(*^^*)

しかし勢いで決めたわけではないようでした。

靈氣を受けた後さらに龍神カードも引いて下さり、それだけで今まで抜け出す事の出来なかった悩みを解消することができたのだそうですよ。

今までありとあらゆる本を読んだりと解決できるよう努力していても、結局は解決できずどこかで諦めてしまっている自分に自信をなくされていた彼女

それが、たった一回のヒーリングとたった一枚のカードで抜け出すきっかけをみつけられたんですもん、自分の可能性をもっと信じてみたくなるのは当然ですよね(#^.^#)

セミナー開催までに数日間あったのですが、一時的なものではなくその間も苦しみが再発することなくそれどころか、気付きが次々生まれて今まで「分かっていたようで分からなかった部分」がハートで理解できるようになったのだと幸せそうに語って下さいました。

それは素晴らしい変化ですね!

こんなに効き目があるなんて、きっと彼女の穏やかな波動が靈氣と凄く調和しているのだと思います💛

セミナー中も靈氣の優しいエネルギーを常に感じご自身をどんどん癒していかれてましたよ。

講座で、手に受ける反応に関して彼女から質問がありました。

靈氣をしていて受け手から伝わってくる反応が耐えられなくなった場合、靈氣を中断してもいいのですか?そうなった場合どうしていますか?

とのこと。

そうですね、あまりに反応が痛すぎて離してしまう事はありますが、どんなに強い反応が伝わってきても基本耐えられないほどの苦痛を感じた事はありません。

どうしても反応が強くて手が痛い時は、あえて感度の弱い方の手で靈氣をすることもあります。

私はよく家族にマッサージをしますが、その家族が「ウケ体質」のためネガティブなものを体に沢山溜め込んでしまい、その体を触れた私もまた全部そのネガティブなエネルギーを「ウケ」てしまいいつもダウンしてしまいます。

どうしたら、それを避けられますか?

なるほど。

彼女が今までそのご家族の方に感じておられたのは、私達靈氣療法士が感じ取っている「手の反応」とは別物ですね。

これはエネルギーの逆流現象

受け手の悪いモノが施術に向かって逆流しているのです。

この現象は正しく靈氣を扱っていれば決して起きない現象です。

なぜなら、宇宙から受け手に届けられるエネルギーの「勢い」に勝つ人間のエネルギーなんて存在しないのですから。

それでも逆流してくる時は、ネガティブエネルギーが超強力!

なのではく、単に「勢い」がセーブされているからなのです。

「勢い」がセーブされてしまうのは、施術者の心が不安に満ちていたり、イライラが強かったり、傲慢な態度になっていたり、不安定な状態でいると、「勢い」が抑えられてしまうのです。

なるほどそれでは無理に靈氣をするより、自分自身が「不安」だと感じなくなるまで靈氣をしない方がいいですよね。自分の心が強くなるまでその家族には靈氣をしません!

はい、それでいいんですよ!(^^)!

靈氣しなきゃって、背伸びする必要はありません。

無理に不安を無くそうとしたり、イライラを我慢しようとしたりして、靈氣に臨むのは、「そんな自分」を否定しながら靈氣しているのと同じ事になりますからね。

不安な時はあえてしない。イライラしている時もあえてしない。調子の良い時に思い存分靈氣すればいいんです(^^)v

調子のよい状態で靈氣をしていれば、いくら受け手の方のネガティブエネルギーが超強力だとしても、靈氣の流れがそのエネルギーまでもを押し流してくれますからね!

ファイトー(^O^)/

セミナー最終日が今から楽しみです💛

ということで本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

“セミナー日記・ネガティブエネルギーの逆流を避けるには” への1件の返信

  1. ピンバック: Lincoln Georgis

コメントは受け付けていません。