我が家の靈氣体験記

直伝靈氣師範のながよしです。

先週はプライベートで靈氣が大活躍しておりました。

姉の鼻の手術があったので、当日から二日ほど遠隔。本人は麻酔で一日吐き気があって辛かったようですが傷の痛たみは思ったほど酷くもなく退院も早くできたようです♪

二日ほどしか遠隔しなかったのは、さほど酷い流れ具合ではなかったからです。入院中はずーっといろんな人に感謝をしてすごしていたそうなので、きっとそれが靈氣の効きを早くさせていたのかなって思います。

また姉が入院中、もう一匹の猫ちゃんを預かることになったのですが、猫アレルギーの娘が猫とずっと遊んでいたもんだからくしゃみや鼻水が止まらなくなり、お腹に靈氣をして悪化を防いでおりました。靈氣がなかったら薬もらってこないと大変だったかもです。

さらに息子がまた手首を痛めてしまい、遠隔を。

仕事上、重いものを常に持っているので手の使い方を間違えるとよく痛めてしまうんですよね💦今回は相当に痛かったみたいで「神経いかれてる。もう力がはいらん。助けてくれ」と病ぐるしいLINEが。

バカは風邪をひかない理論に似ているのか、息子は靈氣が本当によく効く!小一時間遠隔するとなんか良くなる。

自分でも「まさかこれが治るとは」と驚いてました(笑)。まだしばらくは、仕事から帰る頃にはぶり返しているようですが、なんとかなりそうです。

本当は主人も膝と首の後ろの遠隔頼まれてたけど、してない(内緒)

もう~みんな自分でできるんだから自分でしられ~

と言いつつも、都合が悪いとなかなかセルフだけじゃ追いつかないしね。涼しい部屋に一日中漂ってる元気な私に頼りなはれ~

お返しに、家族みんなに順番に直接靈氣してもらおもうかな💛

ということで本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

8月は特にお盆休みも設けていませんので、皆様また体を休めに来て下さいね(*^^*)

 

“我が家の靈氣体験記” への1件の返信

  1. ピンバック: Reba Fleurantin

コメントは受け付けていません。