信じ続けられるものであるかどうか

直伝靈氣師範のながよしです。

この前久しぶりにランチに出かけました。

アラフィフ世代が集まると体についての話題はかかせなくなるもんですね。

どこの病院がどうとかどんな治療法とか治療薬がどうとかサプリがどうとか

 

私はあまりプライベートでは靈氣の話をしていないので、あこが悪いここが悪いという話題になっても、一緒になってうなずいてます。

心の中では「だったら靈氣すればいいのに~」ってずっと突っ込んでますがね(笑)

靈氣を浴びておられない世間一般のアラフィフが抱えている体の不安が垣間見えて参考になりました。

私も40代の頃はあちこちが痛みだし、だんだん体もこうしてガタついていくんだなって諦めておりましたよ。💦

肘をつくとジーンってどこかの指まで痺れが届くし、膝は体重のせいもあって屈伸すると痛たたたたーって声が出る、朝起きると指が腫れぼったくて曲げ伸ばしも痛いし、太もものどこかの神経もピリッと何かの拍子にきたりね。

また心配症だったから、大したことでもないのによく思い詰めては、10円ハゲを二つ三つ作ったりもしてました。

今50代に入って、そのどの症状もないのが自分でも驚きです。子供のころから苦しめられていた便秘ですら、自分が便秘症だったことも忘れているくらい何年も前から快調です。

そして何度となく大変な出来事に遭遇してきましたが、もう円形脱毛症になることは決してありません(^^)v

とは言っても年は取っていきますから40代の時にはなかった首の痛みや更年期による偏頭痛がプラスされてきてますが、いずれも痛くなったら手を当てればまた楽になってくれますので、相殺しながら悪化も防げています。

食べ過ぎによる胃酸過多はよくありますが・・・(悪癖治療を疎かにしているためでしょう(-_-;))

昔9か月ほど飲んでいた、どんな症状にも効き、続ければ続けるほど体も丈夫になるといわれたサプリメントをそのまま続けていても、もしかするとこんな50代になれていたのかもしれません。

一ヶ月約2万円×12カ月×10年分のお金をかけることができていれば。

そして今後10年かけ続けることができれば60代も安心できるのかもしれません。

実際は9カ月で根を上げた人間なので、こんなに長くは続けられなかったでしょう(^^ゞ

でも本当は、お金が続かなかった事よりも、それを信じる気持ちを維持する事が出来なかったことがサプリを続けられなかった要因だったのだと思います。

心から信じていれば金銭関係なく10年だって20年だって何十年も続けて健康を維持しておられる方々も大勢おられるのですからね。

 

今私がこんな50代を過ごしていられるのは、間違いなく靈氣のおかげです。

靈氣を続けていたからです。

浮気する間もないくらい夢中になって。

そんな風になれたのは、お金がかからないからという理由だけではなく、靈氣を信じる気持ちが冷めなかったから!

しかし、誰しもがそう思えるとは限りらない事も知っています。

私がサプリを信じ切れなかったように。

本心から求めていたわけではなく人の強い勧めで始めたものは長続きしないもの。

私がサプリを活かしきれなかったように、靈氣を活かしきれない人をつくりたくはありません。

だから靈氣に関心がないと分かる人達の前では靈氣の事は話しません。

その分、このブログの中だけは思い存分靈氣のあれこれを語らせてもらっています。

時にはお客さんの体験談、我が家の体験談を通してシミュレーションして頂き、本心から靈氣を求めて頂けるよう努めてまいります<m(__)m>

信じる気持ちが冷めなかったら、きっと素晴らしい未来が待ってます💛

ということで本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

※12月12日復習会を行う予定でしたが案内の前に定員に達してしまいました。復習会は随時開催しますので、個別でも構いませんし、希望される方はいつでも声をおかけくださいませ。

“信じ続けられるものであるかどうか” への1件の返信

  1. ピンバック: Lincoln Georgis

コメントは受け付けていません。