正しい答えとは

直伝靈氣師範のながよしです。

去年の仕事納めの日に靈氣ヒーリングを受けに来て下さったお客様

その日傷付いたことがあったようで、年をまたいで引きずりたくないとのことで、滑り込み(笑)ではありましたが靈氣を受けていかれました。

彼女いわく、自分の言動はどうやら周りを怒らせてしまうタイプのようだと悩んでおられました。

「そんな自分を改めたいけど、なぜ怒らせてしまうかが分からない。きっと空気が読めないからだと思うので、結局思った事を思ったように発言しないのが一番いいのかな」と思っておられました。

なるほど・・・。自分で理由が分かるくらいなら苦労しませんよね。分からない以上黙っているのが得策なんですかね・・・・

そもそもその発言で誰かが嫌な思いをするなんて思ってもみなかったでしょうから、これから人前で話すのも怖くなってしまいますよね。

接する人みんながそんな風に嫌悪感を出してこられるのかな・・・・?

いいえ、家では母です。それから、あるコミュニティの場で一人だけ私が発言するとあからさまに嫌な顔をしてくる人がいます。

じゃ今のところ自分の周りではお母さんとその人の二人だけなんですね。

はい。そうなりますかね。

さらに、逆に彼女が周りの人に対して腹が立ってしまうほど不満を感じる事があるかを尋ねますと、腹の立つような言動をする人は周りにはいないと答えられました。

なるほど・・・。これはきっと・・・

周りに腹の立つ事をする人がいないのではなく、彼女は別に誰の事も腹が立たないだけなのだと思います。

それは普段から我慢しないでありのままで過ごしているからです。

そして、お母様や同じコミュニティ内の人が彼女の言動に反応するのは、彼女達が、彼女のようにありのままに生きれていないからなのだと感じました。

「私はいつも空気を読んで我慢しているのに、あなたばかり言いたい事言って何よ!」ってね。

もし彼女が本当に人を怒らせてしまう態度をとっているなら接する人皆を怒らせてもおかしくありませんね。

少なくとも私は彼女と今まで何度も会話してきましたが、発言で腹が立った事はありませんもん。

彼女は、自分では答えの出せない正解を相手の態度から導きだそうと必死です。

そして、何が正しいかが自分では分からないから、何一つ自分では決められない事に大きく心を痛めているのです。

 

でも、そもそも

自分で気付けない訂正箇所は自分の訂正箇所じゃないんですよ。

だから今まで通りありのまま生きて、それに反応してくる我慢強い人々に、少しでも力を抜いた生き方ができるよう影響を与えてあげるのが一番の得策なんです💛

正しい答えは誰かの意見や態度で得られるものではありません。

自分が決めた時点で、その決めた事すべてが正しい答えになっていくんです。

たとえその選択が間違えだったと後で分かっても、それはその間違えから必要な事を学ぶという大きな収穫なのですから、その視点でみれば大正解になりますね!

間違いであっても必ず正解にしてしまう!

自分の人生に責任を持つというのはそう言う事ですね。(#^^#)

誰かの意見や態度を採用しまくってそれを正しい答えにしようとしている人は沢山いるのかもしれませんね。

自分の人生を他人任せにしていいわけがありません。

せっかくだもん、自分の好きなように生きないとね♪

ちょっと上から目線の記事なってしまいましたが(^^ゞ彼女と同じ様に心を痛めていらっしゃる人のために、一部始終を紹介させて頂きました<m(__)m>

ちなみに彼女は痛みを引きずることなく、元気になられさらには1月から、トントン拍子で叶った夢の一歩が始めるそうですよ。がんばれ~

ということで本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。