平成最後のセミナー日記

直伝靈氣師範のながよしです。

ラベンダーで行う平成最後のセミナーは男性の受講者さん。

本日無事療法士さんになられました。

時代が変わるのを機に自分も何か変わりたいと、勇気をだされて受講を決められました。

将来の事を考えて、どのような仕事にでも対応できるようあらゆる資格をとっておられるのですが、最終的には体が資本!丈夫な体作りのために次に資格をとるとしたら「ヒーリング」なのではと思いつかれました。

ヒーリングは遠隔で一度体験されたそうで、とても効き目があったので、「これはなんだ!」とヒーリングを調べていくうちに「れいき」という言葉に出逢われ、そこからラベンダーに辿り着かれたというわけです。

前回初めての靈授の時のご感想は、

「まるで頭の上に円盤がいるみたいだった。体が何かで包み込まれている感覚がしましたが、あれは永吉さんが体を包み込んでいたのですか?何していたんですか?」と💦

いいえ(笑)何をしたかは言えませんが、体を包み込んではいませんよ。

体感もいろいろあるんですね。

靈氣実践では受け身側では、流れていく様を感じておられましたし、施術側の手の反応も「手から草の根が伸びていくような感覚がしました」としっかり体感しておられました。

体感できると、さらに自信に繋がりますからいいですよね。

また前回から今日までの間に、人に靈氣をする機会が一度あったそうです!

絶対に人にはできないと思うよ言っておられたので、びっくり(゜.゜)

そのときは、だいぶんどうしようかなと迷われたそうですが、「えーい、やっちゃえ」っと思い切って肘が痛くて上がらないという知り合いの方に、「ちょっといい?」ってさらっと手を当てたのだそうですよ。

両手で挟むように痛がっておられる肘を数分あてていると、なんと上がらなかった肘が上がったのだそうですよ!

そのかたは「なんか流してる?」と聞かれたのですが、怪しまれたくないので「いいや、整体してる」と答えられました。

なるほど~、堂々としらを切るのが、怪しまれないコツなのかもしれませんね(笑)

この調子じゃ、どんどんいろんな方に靈氣できちゃいそうですね。

 

療法士さん達は、靈氣を他の人にしてあげれる勇気があれば苦労はしないのですが、それも本当なかなか難しいですよね💦

 

でも実は私の経験上、確かにほとんどの人にはできなかったけど、その中に紛れてなぜか靈氣を必要としている人がぽつぽつ現れてくれるので、それを見逃さなければ、そう頑張らなくてもちょくちょく人に靈氣をすることができるんですよね。

自分のそばにぽっと現れてくれる靈氣を必要としてくれる人

アンテナたてて、「この人がそうかな?」って察知して、靈氣してあげて下さいね♪

平成ギリギリまで大好きなセミナーができたことに感謝感謝です!

ということで今日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

 

 

“平成最後のセミナー日記” への1件の返信

  1. ピンバック: rare breed-trigger

コメントは受け付けていません。