エンソフィック・「気付かないうちに」がいいんですよね。

直伝靈氣師範のながよしです。

先日エンソフィックレイ三回目最後の施術を受けられたお客様

彼もまた、靈氣ヒーリングで、ときどき通って下さっておられましたが、しばらくするとまた痛みが再発したりとずーっと体調不良や痛みに悩まされておられました。

好きな運動も趣味の音楽もできないのが一番つらいと、それを阻むものを一刻も早く改善したいと、強く思われご決断されたのです。

しかし、こればかりは彼の思い通りのペースで改善されるとは限りません。最初から期待しすぎていては、小さな改善にも気付く事ができないので焦らずに流れに委ねて下さいねとお願いをさせていただきました。

エンソフィック一回目、二回目時、共に彼のその後の生活においての感想は「まったく、体の調子も変わらないです。」と大変テンションの低いものでした。(;^_^A

そして三回目のこの日もこの一ヶ月を振り返り「いや~あんまり変わっていないです。」とのこと。(ドンマイ(^^;))

とりあえず施術を終えてもう少しお話しをお聞きすることに。

どこの痛みが今一番お辛いですか?

背中が痛いです。

他の痛みは?

う~ん、そういえば今気になるところは背中だけかな・・・

喉の不調は?

それがですね、それはすっかり良くなったんですよー

ふくらはぎの痛みは?

それも、本当もう全く痛くないんですよー

実は彼は繰り返し喉が腫れて炎症起こしたり声がかすれてきたりして好きな歌も歌えないと悩んでおられました。

そして、走りたいのに、ふくらはぎが痛いのでずっと走れていないとそれも苦しんでおられました。

背中の痛みとまだ引きづっている疲労感が、この嬉しい奇跡を目立たなくさせていたようです。

こうしてみると「なぜそんなに改善されたのに、気付かないの?」って思うかもしれませんが、実は自然な形で無理なく改善が進むと、「痛い」と「楽になった」の境目に気付けないんですよね。

あれ?そういえば・・・・

っていう反応が一番理想的

そしてリアルに真実味があるんですよね~

彼もいろいろ自分の身体に変化が起き始めている事を意識して下さいましたよ。(良かった(^^♪)

まだ実感できないこともあるかもしれませんが、あまり先走らず、まだまだシンクロも起きてきますから楽しみにしててくださいね。

とお伝えしますと、また彼が思い出されました。

良い教室があれば紹介して欲しいという掲示板を二年くらい前に出して放置してあったそうですが、それがつい最近今になって紹介のメールが届き早速お話しを聞きに行く事になったそうなのです。

次々動き出しましたね~

さらにさらに、前回はまだやりたいことがわからない・・・と言われていたのですが、実は以前からやりたいことがあったと、伝えて下さいました。

やりたいことを探している人というのは、本当は探さなくても既に自分の想いの中にある事が多いんですよね。

それが表に出てくるのは、やりたくないことをやめていったとき。

彼もやりたくないことが何かをはっきり自覚しはじめたことで、ずっと抱えていた自分の想いが表にでてきたのだと思います。

この先のことを考えると上手くいくのか心配なのかもしれませんが、今の自分が思いついたことは、どんどんやって欲しいと思います!

それは生まれる前の自分が決めた事におおいに関係してい事柄なんですから。

最終地点がどのような形かは分かりませんが、自分にとってベストな展開になることには変わりありません。

彼は、どちらかというと見えないものに踊らされないといいますか、今までもあまり「実感しないタイプ」だとずーっと思っていましたので私も彼の変化をみつけてあげることができるか、少し不安でしたが、蓋をあけてみると見事に、エンソフィック効果がでて、ちゃんとそれを実感して下さったので、すごく嬉しかったです💛

本当の変化はまだまだこれから

ずーっと継続して続いていきますから地道に小さな感情の階段を上り続けて欲しいと思います♪

 

平成も最後の年となりましたね。

今まで散々自分ではない誰かになろうとして生きていたなら、新しい時代には是非「とてもとても懐かしい自分」に戻って生きて欲しいと思います。それがどれほど開放的か・・・味わって欲しいです!

ラベンダーは今のところ特に年始年末休みを決めておりませんので、ご興味があればどうぞヒーリングやアロマを受けに来て下さいね♪

ということで本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

“エンソフィック・「気付かないうちに」がいいんですよね。” への4件の返信

  1. ピンバック: ivermectin for ear mites
  2. ピンバック: ed cures that actually work
  3. ピンバック: canadian pharmacy

コメントは受け付けていません。