セミナー日記・遠隔靈氣

直伝靈氣師範のながよしです。

昨日は直伝靈氣の後期セミナー、遠隔講座がありました。

普段は自分以外に靈氣をされたことのない受講者さん。

これで自分以外の方にも靈氣ができるようになりますね(*^^*)

彼女の感度はとてもよく、遠隔練習では、最初からスキャンできておられました。

本日遠隔練習で協力してくださったのは、数日前に一週間遠隔コースを依頼下さってたお客様。

昨夜は、ちょうどピークだったのでしょう、39度以上の熱もあり、検査結果では白血球ももの凄いことになっている状態でいらっしゃったのです。

早速受講者さんに、手順通りに遠隔してもらうと、流れていく体の部位を次々言っていかれました。

そして、夕方、協力して下さっていた受け手側のお客様から、報告がありましたが

私達が遠隔靈氣を送ったであろう時間帯も、しっかり感じておられましたようです。

さらに靈氣が自分のどの部分に流れていったかも事細かに分かっておられて、それは受講者さんがご指摘していた部位と一致しておりました。

これは、受講者さんの自信に繋がりますね!

また私への遠隔でも、ちゃんとスキャンできており、彼女が指摘しておられた箇所の筋肉がビクンビクンって動いているのも受け身側の私は感じることができました。

練習が始まる前の講座のときは、その話を聞いて「本当にそれで遠隔できるの?」って半信半疑だったようですが、練習後は、「ほんと遠隔でも靈氣はできるんですね!」って感動して下さいました💛

大変良くできました~!(^^)!

 

彼女の発想はとても豊かで、遠隔でこんな事ができるんだから、あんな事もできるのでは?という案をいくつも出してこられました。

講座としては、教えていないことは、なんとも言えないですし、積極的に推奨するってこともできないのですが、基本の靈氣がきちんとできていて、日々靈氣の効果もちゃんと実感できておられるのであれば、「自分のもの」として実験される分にはいいかもしれませんね。

なんでもそうですが、自分の思いついたことは、人がなんと言おうと、自分にとって必要なひらめきなのだと思うのでどんどん行動されるといいと思います。

ただ、さきほども言いましたように、基本の靈氣ができていないとか、実感も持てていないのに、あれこれアレンジして試すのは、結局どれも中途半端になって上手くいかないので、やめておいた方がいいですね。

れいきが世界に広まった過程で、西洋人の柔軟な発想によって、バラエティーに富んだ手法が次々足されていき西洋式レイキが生まれていきました。

それだけ、あらゆる角度から癒しを与えることができ、そのお蔭で多くの人々に受け入れられるようになりました。

しかし私が講座をしております「直伝靈氣」では伝えられた当初のままの靈氣のスタイルを守り通しております。

アレンジも加えずシンプルにそして、「対人間」にこだわって。

それゆえに、あのパワフルなヒーリングが現代においても変わらず可能になっているのだと思っております。

ですのでセミナーで教わった事以外のいろんな発想が浮かんできたときは、「直伝靈氣」とは切り離したものとして、これは「自己流靈氣」と位置付けて、分けて活用することで、両方が活かされていくと思います。

セミナーは毎回私にとっても、いろんなことを考えさせてもらえる機会があるのでとても勉強になります(#^.^#)

そしてこうして熱心に靈氣を活用していきたいと思って下さる療法士さんが増えて下さることもとても嬉しいこと。

幸せな時間に感謝感謝

ということで本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

5月20日10時から12時 直伝靈氣復習会参加申し込みしてます💛

数名様参加申し込みがありましたので、予定通り復習会は行います♪

 

 

 

“セミナー日記・遠隔靈氣” への1件の返信

  1. ピンバック: MKsOrb.Com

コメントは受け付けていません。