靈氣を仕事にさせてもらって得させてもらったこといろいろ

直伝靈氣師範のながよしです。

今週はアロマや靈氣ヒーリングを受けに来られたついでに、皆さん靈授を受けていかれてます。

やっぱり今年溜め込んだ汚れは今年のうちにすっきりしておきたいですもんね(^^♪

靈氣療法士になったら何度でも靈授してもらえるからいいですよね~。でも私は永吉さんに靈授してもらえるけど、永吉さんはどこで靈授してもらうんですか?京都とか行かれるんですか?

と聞かれたのでカミングアウトしますが、実は皆さんに靈授を施している時に自分自身への靈授も成されてしまうのです。だから皆さんのおかげで12月はめちゃくちゃく「通り道」掃除してもらってます。(^^)v

あとですね、お客さんに靈氣ヒーリングを施している時に自分自身にも靈氣が流れていってくれるので、そのおかげで今年は手首の腱鞘炎と、右膝の靭帯損傷も治してもらうことができました。(^^)v

もちろんセルフヒーリングはしてたけど、お客さんへの施術中の時の方が患部にえげつないくらい流れていくし、筋肉が痙攣しているのかと思うくらいピクピク動き出すので、割合的にはセルフより仕事中の方が靈氣が流れてくれたんじゃないかと思っています。

手首は4か月ほど、膝は2か月ほどかかりましたが、通院もせずに知らないうち治っていってくれたので本当に助かりました。(膝はあと少しかかりそうだけど)

そういった意味でも、施術に来て下さったお客様のおかげで私も元気にしてもらっているようですね<m(__)m>

もうひとつですね、お客様のお話しで気付かされることが多々あるんですよね。

昨日のお客様が、靈氣ができるようになってから、怖い事があっても勇気が持てるようになったという内容のお話しをされてて

なんか、バックに神様がいると思うと、どんな事でも「大丈夫」って思えるんですよね。ちょっと怖くても。

バックに神様いてくれるんですよね?

だって「靈氣してもらっている時」のあの安心感と「神様の後ろ盾があるんだと思えてる時」の安心感は全く同じだからそうなのかなって思うんです。

って言われたのです。

バックに神様って💦

神様の後ろ盾って💦

めっちゃ頼もしいワードじゃないですかね(笑)

最初聞いた時は思わず笑ってしまったけど、「靈氣してもらっている時の安心感と同じ安心感」と言われた時は、めちゃくちゃく説得力を感じました💛

靈氣を浴びている時のあの体感は、自分も神の一部であり、それ以外のすべても全く同じもので構成されているんだっていう壮大な真実を思い出させてもらうためにあるんですもんね。

これは、体感した事のある人にしか理解できない事なのかもしれないけど、あの包み込まれる至福の感覚は、間違いなく

「大丈夫大丈夫!生きている間に好きな事しなさいな。バックには私達がいるんだから安心して。」

なんて神様が言ってくれてるに違いありません!(^^)!

このお話しを聞かせてもらって私もなんだか勇気が持てたような気がしました。

まだ今年を締めくくるには少し早いのだけど、今年もこんなに沢山お客様に支えられてきたんだなって思う事ができました。

あと一週間ちょっとですが、またよろしくお願いいたします。

ということで本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

“靈氣を仕事にさせてもらって得させてもらったこといろいろ” への24件の返信

  1. ピンバック: nang sydney
  2. ピンバック: freelance web developer
  3. ピンバック: allgame
  4. ピンバック: 918kiss
  5. ピンバック: หวย24
  6. ピンバック: Best skincare for aging skin
  7. ピンバック: pg slot
  8. ピンバック: free sex cams
  9. ピンバック: leak detection london
  10. ピンバック: regles 421
  11. ピンバック: upstate hotels
  12. ピンバック: evisa
  13. ピンバック: 6.5 prc ammo
  14. ピンバック: contratar sicario
  15. ピンバック: itsMasum.Com
  16. ピンバック: FÜHRERSCHEIN SCHWEIZ (CH)
  17. ピンバック: quick nangs delivery
  18. ピンバック: more
  19. ピンバック: itsmasum.com
  20. ピンバック: itsmasum.com
  21. ピンバック: tallwithstranger
  22. ピンバック: itsmasum.com
  23. ピンバック: itsmasum.com

コメントは受け付けていません。