我が家の靈氣体験記・靈氣が出来て良かった~

直伝靈氣師範のながよしです。

先日主人(単身赴任)から遠隔して欲しいと電話がありました。

最近ずーっと仕事が忙しすぎて疲労とストレスで頭が割れそうだと。

首の後ろや肩甲骨の間が痛すぎて、このまま風呂に入ってしまったら逆に倒れそうだから、しばらくの間遠隔して欲しいという事でした。

私もちょうど家事も終わって一息ついていたので、ネットフリックス観ながら主人に遠隔しました(*^^*)

一時間後、「おかげで楽になって風呂にも入れたから」とお礼の電話が主人からありました。

良かった良かった!

この一件落着が出来るのと出来ないのとでは大きく状況が違ってくるのです。

主人は単身赴任中に過労がもとで心を壊してしまった事が過去に何度もありました。

もしこの一時間がなかったら、次の日が来てもしんどいまま、また仕事を続けなければいけなかったでしょう。それが来る日も来る日も続くとなるとまた壊れていたかもしれません。

でもリセットできたので心配ありません。(^^)v

しかも私にとっては、遠隔をしていたというより韓ドラ一話分を楽しんでいただけ(笑)

なんの負担もかかる事なく任務遂行♪

私、本当靈氣が出来て良かった~

って思えた数千回目の出来事でした💛

もう一つ今月の始め頃にばあちゃんが深い傷を負ってしまいすぐに靈氣で良くなったという話をしましたが、後日談がありました。

傷も良くなったしホッしていたのですが明け方見ると、夜中に痒くて搔きまくってたようで、手がポンピンに腫れていました。きっと蜂窩織炎?(私が昔に蜂窩織炎になった時は二週間通院した記憶あり)

痴呆症の人の怪我にはこんな落とし穴がある事を痛感(>_<)

注意ししても、包帯ガンガンに巻いても、何しても

絶対取ってしまうんですね( ̄▽ ̄;)

さすがに外科に行きました。

そして順番がくるまで手に靈氣をしておりました。

すると診てもらう頃には、膿が全部ガーゼに吸い込まれてたみたいで、それ以上出てこない状態になっており、先生もしっかり傷口を止めておけば問題ありませんよと、念のため痛め止めと抗生物質の薬を一日分だけ処方してもらった程度で済みました。

本当に一日分処方されただけで本当に良くなるものかと心配しましたが、本当に良くなっていきました( ゚Д゚)

ばあちゃんは糖尿なので、傷を負うと治りにくいでしょうと普段からよく言われていたのですが、その影響も関係なく早く治っていくのはまさに靈氣のおかげなんだと思います。

しかし認知症による弊害だけはどうにもこうにも困ったもの・・・💦

予想外の事をするって事を肝に銘じておかねばです。

でもだから、やっぱり我が家には靈氣が必要なんだって改めて感じさせられた数千回目の出来事でした(;^_^A

ということで本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

“我が家の靈氣体験記・靈氣が出来て良かった~” への1件の返信

  1. ピンバック: Reba Fleurantin

コメントは受け付けていません。