靈氣する上で願って良い願い事は一つだけ

直伝靈氣師範のながよしです。

先日靈氣療法士さんから質問を頂きました。

父に遠隔靈氣をよくしているのですが、頼まれたわけでもないのに勝手に靈氣を流す行為に罪悪感を持ってしまいます。そんな気持ちを抱えながら靈氣しない方がいいですよね?

そうですね。罪悪感を抱きながら靈氣を続けると、「しない方がいい」というより疲れてしまっていつのまにか「したくなくなる」ようになるかもしれませんね。

それよりもなぜお父様に黙って靈氣することが、罪悪感に繋がるのかという部分が私には興味深いですね。

 

その罪悪感は誰に対してのものか。

それはお父様に対してのものでした。

なぜお父様に靈氣することが「申し訳ない」のか。

それは、お父様を自分の思い通りにコントロールしたいという気持ちから靈氣をしていたからだそうです。

もっとああなって欲しい、こうなって欲しいと。

結果、その通りにお父様が動いていかれるようになりました。

すると急に怖くなり自分は、靈氣を使って人の人生を操っているのではないかと思えてきたのだそうです。

なるほど。凄く謎が解けました!

この罪悪感は彼女自身の良心からのアラームだったわけですね。

しかし、靈氣は施術者の願い通りに、受け手を変化させるものではないので、お父様の人生を操っているわけではない事をまず知っておいて下さいね。

お父様の変化は、お父様自身がそれを望んでいたからです。

受け手に「本来の自分として生きれるよう」変化させてくれる

それが靈氣です。

彼女のような動機で靈氣をする方は沢山おられることでしょう。

もっと働き者になって欲しいから、もっと優しい人になってもらいたいから、もっと勉強を好きになってもらいたいから、もっと運動ができるようなって欲しいから、もっと人から好かれるようになって欲しいから・・・

だから靈氣をしてあげたい!

そう思って受け手にする靈氣は、なぜか苦しくなってしまうのです。

しかし、どんな風になるのか分からないけど、「本来のあなたとしてイキイキ生きて欲しい」そう願ってする靈氣は、いくらしても苦しくなったりはしないのです。

彼女は気付かれました。

そう思って靈氣をしていなかったことを。

彼女にこのような質問をされるまで、私も意識してお伝えすることがなかったので、質問して下さった事に感謝しております。

知らず知らずに自分の思い通りにコントロールしようと、身内や周りに靈氣をしてしまう事はよくある事だと思いますが、そんな時は、「こうなって欲しいという自分の理想像」を全部捨てて、「本来のあなたになって欲しい」そう言う気持ちに切り替えて靈氣をして下さると、もっともっとハッピーな気持ちで靈氣ができるようになると思いますので、今一度振り返ってみて欲しいと思います。

本来の自分に戻って生きれるようになると、結果的に「自分の描いていた理想」以上に、理想的な未来になっていきますので、固定観念にとらわれず柔軟に靈氣を活用して下さいね💛

本当靈氣の学びに終わりはないですよね(*^^*)

バカの一つ覚えみたいに靈氣の話ばっかり、なのに何年も記事を書けるんですからやっぱり靈氣ってすごい(笑)

5/8日土10時の復習会は後1名参加可能ですので、ご興味があれば連絡お待ちしております(^^♪

ということで本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

“靈氣する上で願って良い願い事は一つだけ” への1件の返信

  1. ピンバック: MKsOrb.Com

コメントは受け付けていません。