短時間なのに効果が出たカラクリ

直伝靈氣師範のながよしです。

先日、靈氣療法士さんでもあるお客様が半年ぶりくらいにご来店。

久しぶりに会って、療法士としてもずいぶん自信をつけられたご様子にとても頼もしく嬉しくなりました。

彼女の場合はご職業柄、お年寄りとも接する機会が多い事もあり、触れあったお年寄りが何人も驚くような症状の改善を見せてくれるようになり、それも自信に繋がった要因の一つなのかもしれませんね。

しかし、たっぷり靈氣しているわけでもないのに、触れあった方々が次々と改善されてくなんて、どんな秘訣があるのでしょう(*^^*)

今日別の療法士さんの経験話を聞き、その秘訣がはっきりしました!

お二人の共通点は、日頃から「聞き役」で、人のお話しをよく聞いてあげているところです。

今日の療法士さんも、介護職なのですが、担当の患者さんが何人も精神的変化を見せられてきたのです。

 

いつも何話しても優しく耳を傾けておられるから、利用者さんや患者さんも、彼女達にあこが痛いがや、ここが痛いがや、ここ怪我したがやって事もちょこちょこ話されるのです。

その流れで「そんながけ~、それやったらちょっとここ撫でてあげるよ」って説明なしに患部を摩っても、すんなり受け入れて下さいますよね。

結果、何も言ってないのに「気が流れとるがみたいや~」って体感して下さったり、しばらくして改善していかれたりというミラクルが起きるのです。

また今日の療法士さんも、タオル畳みをしていると、手伝いたいって患者さんが一人二人と椅子に座ってきて、気付いたら何人も集まって、あれやこれやとコミュニケーションをとるのを皆さん楽しみにして下さるのです。

笑わなかった患者さんが、怒りっぽい患者さんが、皆和気あいあいとしている光景。素晴らしいと思いました。

そんな事は(患者さんの心のケアは)あなたの仕事じゃないから余計な事しなくてもいいと先輩スタッフからは注意されるのだそうですが💦なるだけ自然のなりゆきに任せているそうですよ。

彼女達のお話しを聞いて、こんなにも彼女の周りの方々に靈氣による効果が現れているのは、彼女達が日頃から信頼されているからなんだと分かりました。

信頼している相手だからこそ、患者さん達の心も体もふわふわに緩み宇宙のエネルギーをどんどん吸い込めるようになっているのだと思います。

それが短時間のふれあいだとしても、素晴らしい効果として現れる秘訣なのだと分かりました。

靈氣は素晴らしいものだけど、それを扱う人が日頃から「怖い人」と認定されてしまったら、誰も受け入れてくれないでしょうし靈氣をされても、なかなか効いてはくれないのだと思うのです。

体も心もガチガチじゃエネルギーも吸い込まないよね。

今日の彼女が

私だって一年前は、こんなに余裕のある人間じゃなかったです。もういつもパニックだったもん!

そうですね、確かに靈氣を習った当時は痛みが軽減するものの焼け石に水状態で、ハードな仕事に靈氣が追いつかない日々!心が折れておられましたもんね。

その時はどうなるんだろうって不安だったけど「今すぐは無理でもきっと一年もすれば変わりますよ」ってながよしさんに言われ内心は本当かな??って思っていたなのですが、気付いたら本当に変わってた!

だって、まさか自分がこんなに精神的に強くなるなんて信じられんだもん(笑)

仕事の大変さは同じなのに、余裕をもって作業できているから患者さんの話も聞いてあげれるようになったんだと思います。

と言っておられました。

今回の事で私が気付かせてもらったことは

短時間の靈氣でもびっくりするほど効き目を出してあげれる秘訣は、受け手のかたに緩んでもらえるように日頃から受け手のかたとの関係性を良好にしておくこと。

そのためには自分自身が心に余裕の持てる人間になること。

そのためには諦めずに継続して自分自身に靈氣を当て続けてあげること。誰よりも沢山💛

 

彼女達の職場での活躍には、このようなカラクリがあったのだと改めて知ることができ本当に良かったです!

ということで本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。