何も考えずに靈氣するって難しい。どうしたらいい?


直伝靈氣師範のながよしです。

先日「水道管」と「バカ」になれると靈氣が綺麗に流れるという記事を書かせてもらったのですが、さっそく靈氣療法士さんから質問が届きました。

Q 靈氣中は何も考えないようにしないといけないのですかね?とても難しいですね。

A そうですね。何も考えないって偉いお坊さんでも難しいのだそうですね。だからせめて、施術に関することだけは考えないようにできれば、バッチリです。「早く治って欲しい」「絶対治してやるぞ」「治らなかったらどうしよう」「なんとしてでも体感してもらうぞ」など施術の成功を願うようなことは考えないようにした方がいいですね。

そんな事を考えないように、好きな食べ物のことを考えたり好きな人が今何してるかな~とか楽しくなる事を考えていたほうがいいですよ。

本当は、靈氣をしている自分の「手」の反応に耳を澄まして、受け手の「体」と会話するというのが基本だと思うのですが、「治る・治らない」を意識せずに好きな事を考えながら手を当てていれば十分流れていきますからね。

また怖い事や悔しい事、辛い事などネガティブな事を考えながら靈氣はしない方がいいです。

どんなエネルギーに変化しているか知れたもんじゃありませんからね。

なるだけ心に余裕のあるときがいいんでしょうね。

 

ということでQ&Aでした。ありがとうございました。


 

カテゴリーQ&A

“何も考えずに靈氣するって難しい。どうしたらいい?” への1件の返信

  1. ピンバック: Reba Fleurantin

コメントは受け付けていません。