不安との上手な付き合い方


直伝靈氣師範のながよしです。

最近ニュースを見ていて、当事者になったら嫌だな~って事件や事故が多くてナーバスになっちゃいます。

それが続くと、起きもしない事があたかも起きるかのような思考になって得体の知れない不安が襲ってくるんですよね。

一度も起きたこともないのに、それが起きるんじゃないかと思う不安もあれば、すでに起きてしまったことがまた再び同じように起きるんじゃないかと思う不安もあります。

起きたこともないことが起きるんじゃないかと不安になるときは、あるものが不足しているからだと私は思うようにしています。

それは「感謝する気持ち」です。

今まで一度も「起きなかった」という事への感謝

自分は今までずいぶん守られていたんだなと感謝し、これからも変わらず見守ってもらえるように明るい気持ちに切り替えて良いエネルギーに満たされる努力をしようと思ったら不思議と不安は大きくなっていかないのですよね。

また、すでに起きてしまった悪い出来事が再び起きるんじゃないかと思いだしたらあるものを忘れてきているからだと思うようにしています。

それは「その悪い出来事から得られた気付き」です。

その出来事のお蔭で気付けたことが沢山あったはず。

その気付きを得るために、起きてくれた出来事!

そうだとしたら、その気付きを忘れない限り、二度と同じことは起きることはないはず。

また再び起きるんじゃないかと不安が襲って来た時は、その気付きを忘れかけているからなのだと思うようにしています。

喉元過ぎればなんとやら・・・って言葉があるように、人って調子が良くなってきたら、忘れちゃいけないことも忘れちゃう生き物です。

だから常に不安という「警告」によって感謝や気付きを思い出させてもらっているのでしょうね。

「不安」もこうしてちゃんと役に立っているんですね。

せっかくの警告!

無視せずに初心に返って、とっとと「不安」に休眠してもらわなきゃ♪

ということで最後までお付き合い下さりありがとうございました。


 

“不安との上手な付き合い方” への1件の返信

  1. ピンバック: Arie Baisch

コメントは受け付けていません。